特定技能ビザセミナーを開催しました!

2019.04.15

2019年4月1日にいよいよ始まった新しいビザ「特定技能ビザ1号・2号」。
これは、各業種ごとの技能試験と日本語能力試験に合格すると、最長5年まで日本に滞在可能、日本人と同等の給与水準で働くことを義務付けられた、新しいビザとなります。
2019年4月13日にベトナム人を対象として無料の「特定技能ビザセミナー」を開催しました。

 

土曜日の昼間にも関わらず、14時、16時の2回共に満員御礼!
40名ものベトナム人の方々が集まってくださいました。
それだけ「特定技能ビザ」に対して、関心を持っている方が多いという証拠ですね。


弊社ベトナム人社員が作成した「特定技能ビザ」の説明を真剣に聞き入る参加者。
質疑応答タイムでは、「実習生ビザとはどのように違うのか」「自分は特定技能ビザに申請することができるのか」などたくさんの質問が飛び交いました。


セミナー終了後に、やっとリラックスして笑顔で1枚。
多くの参加者から「参加してよかった」「また相談したい」との声を頂きました。

すでに外食業と宿泊業は、特定技能ビザの技能試験が4月に開催決定されていますが、まだ他業種は試験日程も未定です。制度はできたものの、情報が少なく、外国人も企業の方々も戸惑っているのが現状です。

株式会社asegoniaはこれまでも多くの日本企業、ベトナム人に対し、支援を行ってきましたが、特定技能ビザ制度における、登録支援機関(受入機関=ビザ取得者が働く企業を支援する機関)も登録申請中です。
これまでのノウハウを活かし、さらに支援の輪を広げるチャンスとして、特定技能ビザの動向は今後も素早くキャッチしていきます。